<< おっ! FSCじゃん 今日の川廷邸「物語のある家」 >>

キッチンの感じが見えてきましたね~。

川廷邸「物語のある家」では、キッチンの感じが見えてきました。
a0285499_20194854.jpg

奥の職人さんがタイル屋さんで、手前が大工さん、2人ともキッチンの仕上段階の作業中です。

a0285499_2020155.jpg

こんな感じになりました。
対面カウンターの右側に張られた木は、床材用で仕入れた材の余りで、南三陸杉(FSC認証材)です。
ロス分で仕入れたものが余ったので、急遽設計変更して、大工さんにも対応してもらいました。
ロス分とは、良くない材料で使えないとか、材料取り間違えて無駄な使い方をしてしまったとか、失敗しちゃったとか、の時の為に少し多めにみておく分のことです。
幸い、上記に書いたようなことは何も起こらず、それどころか、大工さんがとてもうまく材料取りをしてくれたので、予定以上に余りが出た感じです。
この家の為にFSC認証林から切り出され、低温乾燥という特別な乾燥方法で生まれてきた特別な材料です。
無駄にはさせません。


ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
by yoshiyukiendo | 2017-08-25 20:23 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)
<< おっ! FSCじゃん 今日の川廷邸「物語のある家」 >>