さあ! 始まりましたよ!!

川廷邸「物語のある家」では数日前から、施主の川廷さんと仲間のみなさんによる壁塗り作業がスタートしました。
スタートしたばかりですが、なかなか良いペースというより予想以上に良いペースで進行中です。
今日の作業風景を少しだけですがご覧ください。
a0285499_1844535.jpg

a0285499_18451889.jpg

a0285499_1845438.jpg

a0285499_1846651.jpg
a0285499_18464362.jpg


みなさん楽しそうに作業されていました。
この調子でこのあとの作業も頑張ってください。

きっと、良い家になりますね!

そして、川廷さんと仲間のみなさんの物語が、新たにこの家の物語に加わります。



ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-09-02 18:54 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

FSCプロジェクト認証 現場審査

本日、川廷邸「物語のある家」では、FSCプロジェクト認証取得の為の現場審査が行われました。
このFSCプロジェクト認証とは、そのプロジェクトでFSCの認証を取るということで、川廷邸「物語のある家」では、この建物自体のFSC認証取得を目指し動いています。
今回の現場審査の段階までは無事クリアです。
これから最終審査を経て問題ないようでしたら、認証取得ということになります。
これからの最終審査まで、気を緩めることなく進めていき、お引渡しのタイミングで無事に認証取得出来るよう頑張ります。
a0285499_18334069.jpg



ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-28 18:38 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

おっ! FSCじゃん

川廷邸「物語のある家」では、FSC材と国産材にこだわって取り組んでいますが、ちょっとした問題から妥協しなくてはいけない材料が少し出てきてしまいます。
そんな材料のひとつに、クローゼットの枕棚に使う、ごく普通のラワン合板がありました。
先日、その材料を、いつものようにいつもの材木屋さんに注文して納品された材料が、何とFSC認証材でした。
オリンピックに向けての建設事業がFSC認証材を多用するという取り組みで進んでいっている状況なので、各メーカーがかなり急ピッチでFSCへの対応を進めているようです。
ただ、現時点での一戸建て住宅の業界では、まだまだFSC認証材は特別でコストもちょっと高価だったりしている状況です。
でも、この普通のラワン合板に付いているFSCマークを見たら、FSC認証材がごく普通に使われる時がすぐに来るんだなと思いました。
a0285499_2195084.jpg



ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-26 21:10 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

キッチンの感じが見えてきましたね~。

川廷邸「物語のある家」では、キッチンの感じが見えてきました。
a0285499_20194854.jpg

奥の職人さんがタイル屋さんで、手前が大工さん、2人ともキッチンの仕上段階の作業中です。

a0285499_2020155.jpg

こんな感じになりました。
対面カウンターの右側に張られた木は、床材用で仕入れた材の余りで、南三陸杉(FSC認証材)です。
ロス分で仕入れたものが余ったので、急遽設計変更して、大工さんにも対応してもらいました。
ロス分とは、良くない材料で使えないとか、材料取り間違えて無駄な使い方をしてしまったとか、失敗しちゃったとか、の時の為に少し多めにみておく分のことです。
幸い、上記に書いたようなことは何も起こらず、それどころか、大工さんがとてもうまく材料取りをしてくれたので、予定以上に余りが出た感じです。
この家の為にFSC認証林から切り出され、低温乾燥という特別な乾燥方法で生まれてきた特別な材料です。
無駄にはさせません。


ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-25 20:23 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

今日の川廷邸「物語のある家」

今日の川廷邸「物語のある家」の様子です。
現在大工さん達は、造作物や造り付家具の製作取付をどんどん進めている状況です。
造り付家具などが付いてくると、ますます家らしくなってきて暮らしのイメージもしやすくなります。
明日には、キッチンが形になる予定。楽しみです。
a0285499_194567.jpg


そして、2階設置のハーフユニットバスの水漏れチェックを行いました。
排水パイプを塞き止め、浴槽に水を貯め、排水管に水が入った状態で数時間置きます。
そして数時間後に建物内の排水経路の接続部などをチェック。
追い炊き循環金物の取付部も要チェック。
a0285499_19224637.jpg


問題なし。

後で問題が起きて大騒ぎするのが嫌いなので、今出来ること、考えられることは、面倒でも極力やることにしています。
建築はむずかしい。
だから、慎重すぎるぐらいがちょうどいい。 と僕は思う。

これで安心して下の部屋の天井が張れます。



ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-23 19:29 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)