新たな「物語」

川廷邸「物語のある家」に、昨日、オーダーしてあった4枚のカウンター材が納品されました。
このカウンター材は、山梨県産唐松の巾はぎ材で、FSC認証材です。
この材の産地の山梨県、巾はぎ加工をしていただいたティ・エス・シーの会長さんも、施主の川廷さんとの交流があり、「物語のある家」に新たにふたつの物語が加わります。
a0285499_19193023.jpg




ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-19 19:26 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

家具工事が始まりました。

川廷邸「物語のある家」では、大工さん達のお盆休みも終わり、昨日から内部木工事のラストスパートに入りました。
そして今日は朝から家具屋さんが入り、家具工事も始まりました。
今回の造り付家具は、家具屋さん、大工さん、そしてステンレス加工屋さんとの共同作業で造り上げていきます。
a0285499_143584.jpg

a0285499_14355366.jpg

これはキッチンのコンロが組み込まれる部分です。
このあと、大工さん、ステンレス加工屋さんの手が加わりひとつのキッチンが出来上がります。


ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-18 14:44 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

設計変更した手摺壁

今日は施主の川廷さんと現場で打合せ。
階段も付いたので、今まで梯子で上がらなければいけなかった2階へも楽々です。
いろんなものが、仕上りの形が分かるような状態になってきたので、いろいろ見ていただきました。
その中のひとつに、急遽設計変更した階段廻りの手摺壁がありました。
a0285499_0523688.jpg

この壁はごく普通の手摺壁の予定だったのですが、杉の板の余りを有効活用したかったのと、手摺壁沿いに机を置きミニ書斎スペースにしたいという要望があったため、予定より少し高さを取りたかったので予定より高くする部分に余っていた杉板や端材の杉板を張りました。
a0285499_0534860.jpg

そして、リビング側の部分には物を置けるスペースをつくり、他界されたお父様の写真を置きます。
2階のLDKをすべて見渡せる場所なので、いつもお父様に見守られ、お父様もこのお家で一緒に楽しんでいただけるのではと思います。
この場所にお父様の写真をというのは、施主の川廷さんからのリクエストです。
いつまでも、お父様をリスペクトする。すばらしいことです。
きっと、お父様も喜ぶことと思います。

そして、この急な変更を快く対応してくれたのがW大工。
彼は、大工チームの現場のリーダーで、いつも現場を取りまとめてくれています。
細かいところによく気が付き、機転が利くとてもたのもしい大工さんです。
この壁の杉板もきれいに張れているでしょ。
実は意外と大変なんですよ。


ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-13 01:01 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

思い入れがある階段が出来ました。

川廷邸「物語のある家」の階段が出来ました。
a0285499_1918434.jpg

出来たころを見計らって現場に行ったら、ちょうど出来あがって養生をしているところだったので、養生前のところの写真を1枚だけ撮って、その後すぐに養生されました。
次にこの姿を見ることが出来るのは、最後のクリーニングの時です。
施主の川廷さんも早く見たいでしょうが、少しの間我慢してくださいね。
a0285499_19285292.jpg

階段を施工していた大工さんは無事に出来あがってほっとした様子でした。
そりゃそうですよね。
前回の記事で紹介したとおり、この材料は施主の川廷さんにとってとても思い入れがある材料で、予備が無い為絶対に失敗することが出来なかったのです。
K大工、大変お疲れさまでした。とってもきれいに仕上がりました。
そして、ただの製材された板を接いで廻り階段の形に加工したM親方の仕事もすばらしいです。
こういった職人の技は、次の代、そのまた次の代へと継承していってもらいたいです。

明日から大工さんたちは夏休みです。
ゆっくり休んでいただいて、休み明けからのラストスパート、よろしくお願いします!

ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-10 19:55 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)

あの時の木が階段に。

川廷邸「物語のある家」では、本日より階段の取付が始まりました。
この階段の踏板は、3月に施主の川廷さんが南三陸の佐久の山から、自ら伐倒に参加して倒した杉から出来ています。
倒した丸太を南三陸の製材所の丸平木材さんで製材して、現場に納材。
それを大工さんが加工して取付します。
自分で伐倒に加わった木が階段になり、毎日その階段に触れながらの生活なんて最高ですよね。
裸足の生活がとても心地よい家になりますのでなおさらです。
a0285499_2115727.jpg

a0285499_21153010.jpg

a0285499_2116324.jpg

これは廻りの部分、大工さんの加工もすごくきれいに仕上がっています。
今日はこの3枚の踏板までですが、また進行状況をお知らせしたいと思います。


ホームスィートホームメイドのHPはこちら
[PR]
# by yoshiyukiendo | 2017-08-08 21:26 | 川廷邸「物語のある家」 | Comments(0)