<< 外壁仕上が始まりました。 葉山K邸 今日の様子 >>

赤い屋根

葉山K邸の今日の現場の様子です。
屋根工事も大詰めを迎えてきて、一番複雑な納まりになる棟換気の部分を施工中です。
a0285499_19371357.jpg

a0285499_19375474.jpg

この赤い屋根は、僕の中で、”なつかしい夏の風景”というイメージがあって、鎌倉や葉山の海があり山もあるというすばらしい立地に家を建てられる方には、よくお勧めするのですが、嬉しいことに、何年か前に鎌倉のYさん、そして今回のKさんが、採用していただきました。
実は、この僕が思う”なつかしい夏の風景”のイメージを、そのまま曲にしたようなアルバムがあって、それは、千宝美さんの134号線というミニアルバムです。
この千宝美さんは、何年か前まではこの辺でよくライブをやっていたので、僕もよく聞きに行ってたのですが、最近はご無沙汰なので、またちょっと聞きに行きたい感じです。
それでは、この134号線の太陽の季節から、 ♪赤い屋根 庭先の夏蜜柑の木♪

そして、下屋も形になってきまして、外観は完成イメージが分かるようになってきました。
a0285499_204622.jpg

下屋の下は屋外空間になっていて、ウッドデッキのポーチになります。
深い軒に守られた空間は、何か落ち着ける場所になりそうです。

そして、今日も施主のKさん、大活躍です。
写真は、床材が納品されたので、施主自ら搬入中!
この床材、厚さ30ミリの杉の無垢材なので、1枚が結構な重さになります。
a0285499_2056742.jpg

自分の家づくりに参加しているKさん、イイ顔をしてますね~。
[PR]
by yoshiyukiendo | 2014-07-30 21:02 | 葉山K邸 | Comments(0)
<< 外壁仕上が始まりました。 葉山K邸 今日の様子 >>