<< 藤沢Y邸地鎮祭 外壁仕上が始まりました。 >>

山口蓬春と吉田五十八

山口蓬春記念館に行ってきました。
8月22日から”山口蓬春と吉田五十八”という展覧会が始まり、今まで非公開だった吉田五十八さんが増改築した部分が公開されました。
この建物は、日本画家の山口蓬春さんが昭和23年から亡くなるまで過ごした旧宅で、蓬春さんが既存の木造2階建て家屋を自邸として購入後、画室をはじめとした増改築を建築家の吉田五十八さんが手がけたそうです。
内部は撮影禁止なので写真はないのですが、既存部分と吉田五十八さんによる増改築部分の比較をしてみると、とても感心してしまいます。同じ場所にある建物の部屋なのに、設計・デザインの違いでこんなに居心地の違いを感じるとは・・・。
a0285499_174559100.jpg

a0285499_174934100.jpg

a0285499_1750067.jpg

とても良い時間を過ごせたのですが、ひとつ残念なことに、この展覧会より記念館別館がオープンしたみたいですが、この別館はいったい何を意味しているのでしょう?
この素晴らしい建物の横に、なぜこの建物を建ててしまったのか、まったく理解に苦しみます。
くわしくは語りませんが、この記念館を楽しみに来られた方々は皆さんそう思われるのではないでしょうか。

別館以外は、また違う季節に行ってみたいところです。
[PR]
by yoshiyukiendo | 2014-08-24 18:06 | セミナー、展示会 | Comments(0)
<< 藤沢Y邸地鎮祭 外壁仕上が始まりました。 >>